2021-05

セックステクニック

【48手体位】獅子舞の気持ちいいやり方を徹底解説!

獅子舞の体位は四十八手の1つで、女性の足を男性の肩の上に置いて行う対面座位です。獅子舞の体位は他の体位と比べて少しアクロバティクな体位なので、できるようになるといつものセックスがさらに刺激的になります。獅子舞の体位のやり方や、気持ちよくするテクニックについて解説していきます。
セックステクニック

【48手体位】つり橋の気持ち良いやり方を徹底解説!

四十八手の1つ「つり橋」は、正常位でパートナーの腰を浮かせて行う体位です。腰を持ちながら動くので、体力を使いますが、楽につり橋ができるやり方もあります。つり橋のやり方や、つり橋の体位で中イキさせるためのテクニックなどについて解説していきます。
セックステクニック

彼を夢中にする!だいしゅきホールドのやり方と5つのコツを紹介!

だいしゅきホールドは、彼の腰に両足を回して、ギュっと抱きしめてあげる体位です。だいしゅきホールドは男性からも大人気な体位なので、ぜひやってあげたいですね。だいしゅきホールドのやり方やコツ、もっと彼を夢中にするテクニックを紹介していきます!
セックステクニック

【48手体位】燕返しの気持ちいいやり方を徹底解説!

燕返しは四十八手の1つで、後背位の一種に含まれる体位です。燕返しの体位は少し男性には負担がかかるのですが、その分奥まで挿入することができ、パートナーを気持ちよくさせてあげることができます。燕返しの体位のポイントや気持ちよくしてあげるためのポイント、テクニックなどを紹介していきます。
セックステクニック

【48手体位】深山の気持ちいいやり方を徹底解説!

四十八手の1つ深山は、奥まで挿入できる体位です。ポルチオやGスポットを刺激しやすいので、中イキさせやすいというのが特徴の体位です。深山の体位での気持ちいいやり方や腰の動かし方、応用テクニックについて解説していきます。
セックステクニック

【48手体位】テコがかり体位の気持ちいいやり方を徹底解説!

四十八手の中でも最難関レベルと言われている体位が、テコがかりという体位です。テコがかりは、ペニスの向きと膣の向きが逆を向いているので、とても難易度が高いと言われています。しかし、難度の高い体位をたやすくこなせると、パートナーをさらに虜にできます。テコがかり体位のやり方やコツを伝授します!
セックステクニック

【48手体位】浮き橋の気持ちいいやり方を徹底解説!

浮き橋は、四十八手の体位の1つで、少しアクロバティックな体位です。男性が少し疲れやすいというデメリットはあるものの、浮き橋の体位をセックスで取り入れれば、さらに興奮するセックスを堪能することができます。浮き橋体位のやり方や気持ちよくするコツを解説していきます。
セックステクニック

【48手体位】椋鳥の気持ちいいやり方を徹底解説!

椋鳥は四十八手の1つで、男性が上になって行うシックスナインの体位です。椋鳥は少し体勢的にきついですが、慣れると楽にできるようになり、パートナーにも気持ちよくなってもらえます。椋鳥のやり方や気持ちよくなってもらうためのテクニックについて解説していきます。
セックステクニック

【48手体位】流鏑馬の気持ちいいやり方を徹底解説

流鏑馬体位は、四十八手の1つで、男性が仰向けになり、女性に縄を巻いてもらって行う体位です。四十八手の中でも、女性が主導権を握る体位なので、Mな男性におすすめですし、少し雰囲気を変えて女性に主導権を握ってもらいたい時にもおすすめです。流鏑馬体位のやり方や気持ちいいテクニックについて解説します。
セックステクニック

【48手体位】二つ巴の気持ちいいやり方を徹底解説!

二つ巴は四十八手の1つで、パートナーとの前戯で取り入れたい体位の1つです。二つ巴はいわゆるシックスナインの体位です。二つ巴でパートナーに気持ちよくなってもらえるテクニックを身につけると、さらにセックスが気持ちよくなります。二つ巴の気持ちいいテクニックを紹介してきます。
タイトルとURLをコピーしました